FC2ブログ
紅乃美咲の心の独り言
いじめ…どう思いますか?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/29(水)   CATEGORY: いじめ
いじめに対して政府の考え
いじめをした子に対して「出席停止」とか…
色々な議論がされているようですね。

出席停止…
確かに、いじめをした子に対してただ、注意をするだけ。
そういうのは軽すぎると思いますが、出席停止…

いじめられていた私としては、そういうのは実は賛成だったりします。

しかし、記事などにもありましたが、いじめをした子が出席停止になったその後…学校に出てこれるか?と言う事も少し考えます。
義務教育では難しい事かもしれませんが、高校のような義務教育でない場所であるのなら、ぜひやってみるべきではないでしょうか。

逆に「いじめをしたら出席停止になる」とすれば…
これでいじめが減少するのであれば義務教育であろうとやるべきだと思ってます。

いじめられた子は…それによって登校拒否や自殺まで考えてしまう。
その子達の事を考えたら出席停止なんて…普通じゃないですか?

しかし…これだけの自殺者が出てからやっと政府も考え出すとは。
正直遅すぎるのではないかと思います。
政府もそうですが…学校も、そして親も。

学校の先生方。
ちゃんと子供に対して「怒り方」を知ってますか?
言葉だけで伝わらない事もあると思います。
しかし…ちょっと手を上げただけで「体罰」と言うこの世の中。
「怒る事」はすごく難しいと思いますが…
心から伝えれば伝わる事ってあると思います。

そして、子供を持つ親のみなさん。
ちゃんと子供に対して「怒り方」を知ってますか?
「良い事」と「悪い事」をちゃんと教えていますか?
子供に手を上げたことのない親ってすごく多いと思います。
実際に私のまわりでもそういう人はとても多いです。
逆に…子供が死んでしまうぐらいたたく(殴る)人もいます。
ニュースを見ていれば…毎週のように出てきますね。
すべて学校のせいにしないでください。
親にも必ず責任はあります。


とてもえらそうな事を言っているけど。
そして…自分自身まだ子供はいないけれど。
ちゃんと「良い事」と「悪い事」を教えれる親になりたいと思ってます。

「出席停止」どう思いますか?
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● kurakura様へ
紅乃美咲 | URL | 2006/12/07(木) 22:47 [EDIT]
初めまして。書き込みありがとうございます。
「金八先生SOS」からいらっしゃったのですね。ありがとうございます。

kurakura様も、同じ賛成派という事で…
確かに、「今頃?」という思いもあります。
実感させる1つのきっかけにはなりますよね。

大人がちゃんと叱れば、子供もわかってくれると思うんです。
ただ、小さいころからちゃんと言っていない。だから今になって叱っても反発するだけ…
少しは大人の責任ですよね。
kurakuraさんと同じように「悪い事はわるい。と、きっちりと叱れる大人になりたい」と思う人が増える事を祈りたいです。もちろん、私もそういう人間になりたいと思っています。

「出席停止」問題。実行される事を…そして、この出席停止によりいじめは許されない行為だという事をちゃんと認識して欲しいと思います。

貴重なご意見、ありがとうございました。
● はじめまして。
kurakura | URL | 2006/12/07(木) 11:07 [EDIT]
紅乃美咲様、はじめまして。
「金八先生SOS」のHPからきました。
kurakuraといいます。
いじめる側が「出席停止」。実際やって欲しいですね。
何で今頃?と遅過ぎるくらいだと、思います。
いじめた人に、「いじめは恥ずべきこと。場合によっては犯罪」と
実感させる、1つのきっかけになれば、と思います。

いじめる側も、苦しみを抱えている。愛情が必要とも
言われますが。
本当に愛情があれば。「いじめは、絶対許さない!」と厳しく
叱る。わかるまで、徹底的に叱れるのでは、ないでしょうか。

大人がもっと、本気になるべきでは・・・いじめにあった子は
身も心も、ずたずたに傷ついているはず・・・大人も同じくらい
傷つく覚悟がないと、いじめにきちんと対処できないと思います。

私自身、何ができるか、もどかしい思いですが。悪いことは悪い、
ときっちり叱れる、怒れる大人でいたいです。

話が戻りますが。「出席停止」実行して欲しいと同時に。
「いじめは許さない!と実感してもらうため」「守られるべき人の
安全を守るため」などの意義を、はっきり表明すればいい、と
思います。
● emi様へ
紅乃美咲 | URL | 2006/12/05(火) 23:42 [EDIT]
初めまして。書き込みありがとうございます。
この、出席停止問題。どうなるのでしょうかね。

いじめられている子もいじめている子も。確かにカウンセリングを受けるほうがいいのでょうね。
いじめている子は…いじめる事によって自分の中のストレスを発散しているのは事実かもしれません。
子供による犯罪が増えているのも事実ですから…

emiさんも色々と大変な事を乗り越えていらっしゃったんですね。本当に人生って悩みばかり…でも、その悩みを生かして何かをやりたいと思っている。すばらしい事だと思います。
私も、思ったことをこうやってブログに記す事しかできませんが…
自分なりに頑張って見ようと思います。

ぜひ、また書き込みいただけたらと思います。
本当に貴重なお話、ご意見、ありがとうございました。
● 難しいですね
emi | URL | 2006/12/05(火) 23:10 [EDIT]
はじめまして、初書き込みです。出席停止どうなんでしょうか、いじめてる子も家庭やいろんな事に悩みを抱えていると思うのですよ、学校で発散できなくなったら 他でなんか犯罪などが起こるのではないかと思うんですが、いじめてる子もられてる子も 両方カウンセリングなどを受けるほうがいいと思うんですが。ちなみに私は小学生~高校生までずっと いじめられてましたし 家庭もボロボロでした。毎日逃げてましたし、もう高校ではノイローゼになって 頭を自分で ザクザク挟みで刈るように切って 結局中退しました。
そんでもって今は 鬱病です。人生悩みだらけ だけどその悩みをいかして なにかやりたいと思ってます。すいません 話がそれてしまいました・・・(;~〓~) アセアセ
● 龍也さんへ
紅乃美咲 | URL | 2006/12/03(日) 18:09 [EDIT]
龍也さん、こんばんわ~
こちらでは初めましてですね。
コメントありがとうございます。

「出席停止」に関して…
もしも、この「出席停止」が実行されたとき。
本当に…「苛めていた者」としてのレッテルを貼られることのその意味をわかる子はどのぐらいいるのでしょうね。
そして、学校での公言も本人に「苛めていた者」としての自覚を与えるのには本当に効果的だと思います。
本当に…どうしたら苛めている人に「これは悪い事」という意識を持たせるか。悩むところです。

そして…母校で自殺者ですか。
辛いですね。
なぜ、そのこが自殺という道を選ばなければならなかったのでしょうね…残念な事です。

この、不真面目な日本。
建て直すことができることを祈ります…

● こんばんは。こちらでは初めまして。
龍也 | URL | 2006/12/01(金) 00:17 [EDIT]
美咲さん、こんばんは。
こちらでは初めまして。そしていつもの場所では大変ご無沙汰いたしております。

「出席停止」
考え方によっては犯した罪による権利の剥奪ですよね。
…最近の子供が勉強をしたくしてしているのならの話ですが。
学校に出てこれる、これないの話は当事者でない限り知ることは難しいと思いますが、きっと「恥」を知る良い機会なのかもしれませんね。
そういう扱いを受けた子供達には「苛めていた者」というレッテルを貼られるその意味を分かって欲しいなと思います。
いっそのこと「この子はこういう事をしていた」と学校の朝礼や何かで公言しちゃっても良いんじゃないでしょうかね。それが今度は逆に虐められる原因になるやもしれませんが、それでも自分のした事に責任を持つ覚悟を決て欲しいですから。と、極端な話となってしまいますが…
それくらいしなきゃ分からないのなら、規律を持ってしっかりと対策をして欲しいです。
今の世の中、「苛められた方にも問題があるのだから」とは申しますが、苛められた方だけに痛みがあって苛めている方は何も痛くないじゃないですか。
それなら同等の痛みを受けてやってはいけないと学んで欲しいです。それが学ぶことだと思うので。

と、変な方向へ話がそれていきそうですね。申し訳ございません。
………実は私の母校でも自殺者が出てしまいました。
私のいた頃と環境が変わってきたのかもしれませんが、それでも心苦しいです。
未来あるその子の命を無残にも摘み取って平気な顔をしている人間は、正直許せません。
私もかつて…少々派手に大人数相手に冷戦を行った過去を持っておりますし、勿論その事が原因で軽くトラウマになっていたりすることもあるのですが。
教師への教育と、親への教育。それがしっかりなされてこその子供への教育。
それらが不真面目な日本に必要だと思います。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 紅乃美咲の心の独り言. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。